二次健康診断とは

再検査行かない人もいます。

二次健康診断とは

二次健康診断は、脳・心臓疾患の予防を目的とし、従業員が定期健康診断や特定業務従事者が健康診断を受け、一定の項目に異常所見があった場合に、従業員が、医療費の負担なく再度、健診や特定保険指導を受けられる制度です。

二次健康診断は、定期健康診断と異なり、本人が受ける・受けないを決められます。

このため、未受診であっても、企業に罰則はありません。 

二次健康診断を受けられる期間は、一次健康診断を受けた日から3か月以内となります。

また二次健康診断を受けられる回数は、4月1日〜翌年3月31日につき1回となります。

既に、脳・心臓疾患の持病があったり、病気の診断を受けていたりする従業員は、対象となりません。

 

二次健康診断の勧奨

一次健康診断の結果が来たら、従業員へ通知します。

その後、二次健康診断の対象となった従業員には

  • 口頭
  • 書面(二次健康診断指示書)

といった方法で再度受診することを促します。

二次健康診断は、労災保険制度の1つとなります。

このため、受診にかかる費用は発生しません。

従業員が健診を受けるときは、企業が「二次健康診断等給付請求書」を作成し、従業員から病院へ提出を行う必要があります。

二次健康診断を受けられる病院は都道府県ごとに決まっています。

二次健康診断の結果は、一次健康診断と異なり、病院から企業への結果の報告がありません。

このため、健診の結果を企業が知るためには、本人からの報告が必要になります。

結果は、個人情報にあたるため、企業は報告の強制ができません。

しかし、報告がないことで業務上の配慮などの対策ができないことを伝えて、提出を促しましょう。

 

二次健康診断後に企業が行うこと

従業員が二次健康診断を受けたあとには、企業が行うことには

  • 健康診断個人票へ記載する
  • 産業医など医師等への意見を聞く
  • 健康を保持するために必要な措置を行う

といったことがあります。

ただし、これらの対応は、従業員から企業に結果が報告された場合となります。