複数の場所で働く高齢者の雇用保険

雇用保険マルチジョブ制度の仕組みです。

マルチジョブホルダーって

健康で働く意欲のある高齢者に、安心して働いてもらうため、2022年1月から試行的に始まった制度です。

企業にとっても、この制度が雇用保険にもとづくものであるため、高齢者からの申出を希望することによる不利益な取扱いは、禁止となりますし、
書類の準備、保険料の納付など、企業の協力が不可欠な制度となっています。

また、多様な働き方が今後も増えることが見込まれ、さまざまな年齢のマルチジョブホルダー制度の拡大も予測されます。

対象となる人

本人がハローワークに行って手続きすること必要で、次の3つの条件に該当する必要があります。(企業が代理人になることもできます)

① 複数の企業に雇用される65歳以上の労働者であること

② 2つの企業(1企業あたり週の所定労働時間が5時間以上20時間未満)の労働時間を合計して、週の所定労働時間が20時間以上であること

➂ 2つの企業のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること

どんなメリット

1 失業となったとき一時金が支払われる

被保険者であった期間に応じて30日分または50日分の高年齢求職者給付金が⽀払われます。

 

2 育児・介護休業給付金が支払われる

育児休業または介護休業を取得したときに、育児休業または介護休業の給付金が支払われます。

 

3 教育訓練給付金が支払われます

一定の条件を満たす人が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し、修了したとき、費用の一部が支払われます。