子の看護休暇とは

病気やケガの子どもの世話や予防のため、必要とする休みが認められています。

子の看護休暇とは

子の看護休暇は「育児・介護休業法」で定められた休暇となります。

このため、従業員が申請をしたのに、会社が取得させなかったときは、法律違反となります。

対象者:小学校就学前の子どもがいるすべての従業員

1年間で取得できる日数:子どもが1人のときは5日、2人以上のときは10日

取得単位:1日、半日、1時間単位で取得が可能

給与の支払い:会社の規程によります

 

利用場面

子の看護休暇として利用されるのは

  • 健康診断
  • 予防接種
  • 急なケガ
  • 病気のとき

が対象となります。

 

企業が注意すること

1時間単位で取得できるというのは、企業にとって管理が煩雑となります。

しかしながら、法律に沿った運用が求められるところです。

管理簿を活用することなどにより、円滑な対応が必要となります。

また、企業としての申請ルールを明確にし、従業員に周知する必要もあります。

取得する理由が該当していれば、毎日1時間ずつ取得するといったことも可能となります。

どのように申請し、どのように利用してもらうか、従業員と認識を合わせておくことが必要です。