女性が活躍する会社の証「えるぼしマーク」

マークは2種類あります。

えるぼしマークって

えるぼし・プラチナえるぼしマークは、女性の個性と能力を発揮しやすい職場環境である企業として、厚生労働大臣により「女性が活躍できる企業」として認定を受けた証です。

マークは赤系とプラチナの2種類。

そのうち赤系は、星の数と色味の違いで3種類に分かれます。

えるぼしマークには、企業や社会の中で活躍し、星のように輝く女性への「エール」と、そんな輝く女性が増えていくようにとの願いが込められています。

えるぼしマークを取得するには、企業が、女性活躍推進法に基づく行動計画を策定し、届出を行う必要があります。

届出企業のうちから、女性の活躍推進に関する取組状況が優良であると「えるぼし認定」、特に優良であると「プラチナえるぼし認定」として、厚生労働大臣によって認定されます。

 

認定を受けるメリット

えるぼし認定を受けるメリットは

  • えるぼしマークを使うことができる
  • 女性が活躍できる企業としてイメージアップする
  • 女性の採用や多様なキャリア形成まで職場環境の整備になる
  • 優秀な人材の確保や定着につながる
  • 厚生労働省のサイトに掲載される
  • 労働環境整備などの資金を低金利で利用できる
  • 国などの事業の入札時の加点になる

などがあります。

 

義務化されているもの

えるぼし認定は、女性活躍推進法(正式には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」)にもとづいています。

この女性活躍推進法では、2022年4月1日から、常時雇用する従業員数が、101人以上の企業は

  • 一般事業主行動計画を策定をすること
  • 企業の女性の活躍に関する情報を外部へ公表すること

が義務化されています。

ただし、罰則規定はないため、義務を怠ったとしても法的処罰を受けるようなことはありません。

また、従業員数100人以下の企業は努力義務です。

しかし、どの企業にとっても、女性にとって働きがいのある職場環境づくりをすることは、人手不足を解消し、性別を問わない優秀な人材の確保につながります。

せっかくであれば、えるぼしマーク取得など、取組みを外部へアピールすることでイメージアップに繋がります。活用をご検討ください。